結婚式に関する知識を身につけて最高の結婚式をする

神社で挙式

神前式の歴史と基礎知識

神前式とは、古くから受け継がれてきたイメージがありますが、神社で結婚式が行われる現在の様な形式になってから、実はまだ100年程度しかたっていません。 神前式は皇太子や大正天皇の結婚式を原型に、神道がベースなった後に、民間に広まるようになりました。 神前式は、主に神社で行われていますが、最近ではホテルや結婚式場などでも行うことができ、費用の相場は5万円と言われており、三管演奏を依頼すると、さらに5万円程度かかります。 また、玉串料と呼ばれる神社への謝礼も必要になり、挙式費用に含まれている場合もありますが、別の場合もあるので、しっかりと確認することが大切です。 神前式の服装は和服でなければいけないと言うわけではないですが、和服が選ばれることが多く、新婦は白無垢のイメージが強いですが、黒引き振り袖もあり、新郎は黒が最も一般的ですが、他にも白やグレーなどの色もあります。

神前式とはどういったものか

神前式とは主に神社などで行われる結婚式のことを言います。いわゆる和装での結婚式であり、ウェディングドレスなどを着て行われる洋装の結婚式は教会式と呼ばれています。 このような神前式ですが、教会式と比べると形式や誓いにおける問いかけ、服装などの様々な面での違いがありますが、一般的には教会で行うキリスト教式の挙式よりもリーズナブルであるとされています。もちろん、挙式の内容や会場などにより差はありますが、それでも教会やチャペルなどを借りるよりも神社の方が、あるいはキリスト教式の挙式よりも神前式のほうが設備や人件費などが安価である場合が多いなどといった特徴から、神前式はキリスト教式よりも平均的な価格が安くすむ挙式の方法であるといわれています。 神前式といっても、近年ではお客様の要望に対応した様々な形式のものが存在しますので、挙式を考える際には神前式も検討してみるのがよいのかもしれません。